MENU

期間で選ぶ語学留学/3ヶ月留学

アメリカで学ぼう!3ヶ月留学

アメリカ3ヶ月留学

1ランク上の英語力を身に付けたい方にお薦め。
アメリカは、留学生に最も人気のある国。留学する都市や学校が数多くあり、ご要望にかなった地域がきっと見つかります。

英語力が全くない方でも3ヶ月間一生懸命勉強すれば、ひとりで海外旅行に行けるくらいの英語力は身に付くでしょう。
ご紹介の語学学校は一例です。お問い合わせ内容に基づいて、他の学校もご案内致します。 また、もちろん2ヶ月や4ヶ月等の留学も可能です。お気軽にお問い合わせ下さい!

アメリカ3ヶ月留学

United States

School
おすすめの学校

ロサンゼルス

イベント多数、気候も良、留学生にとって最も人気のある都市、ロサンゼルス。
都市部やビーチ近く、郊外など、語学学校の所在地も様々です。

FLS International ロサンゼルス FLS International シトラスカレッジ
特徴 アメリカ5ヶ所にキャンパスがあり、スタッフの対応が大変良い学校です。
ロサンゼルス校はシトラス大学の敷地内にあり、充実した施設も使用可能です。 また、現地の学生との交流も期待できます。落ち着いた環境で一生懸命勉強したい方には、長期・短期問わずお薦めの学校です。 カリフォルニア州の多くのカレッジと提携しており、条件付入学も可能です。
その他の
キャンパス
▶︎LA サドルバックカレッジ
▶︎ニューヨーク
▶︎ボストン
▶︎フィラデルフィア
授業数 週18レッスン
滞在形式 ホームステイ・4週間
(1人部屋・朝夕食付)
入学日
(2019年)
毎週月曜日
(メインは年13回)
費用 684,000円(3ヶ月(12週間))
費用に含まれるもの
手続代行料・海外送金手数料・入学金・授業料・滞在手配料・約1ヶ月(4週間)のホームステイ(1人部屋・朝夕食付)
別途必要な費用
航空券・海外旅行保険・現地出迎費(オプション)・通学費・個人的支出

◆ 上記費用は2018年8月平均の為替レートに基づいた2019年費用です。為替レートの変動に伴い、費用も変動します。
◆ 表中以外のコース、滞在、期間等についてもお気軽にお申し付け下さい。

サンフランシスコ

サンフランシスコは、全米で最も魅力的な国際都市のひとつに挙げられ、勉強する環境も良く、交通の便が良い街。
中心部から30-60分ほどの郊外にも学校があります。

Stafford サンフランシスコ Stafford House International
特徴 スタッフの対応が良く、カリキュラムもしっかりとしています。また、口コミを通じて他校から転校して来る現地の学生も少なくありません。
サンフランシスコ校は、公共交通機関やユニオンスクエアへも程近いファイナンシャル地区に位置しており、年間を通じて様々な国籍の学生で賑わっています。
その他の
キャンパス
▶︎サンディエゴ
▶︎ボストン
▶︎シカゴ
授業数 週20レッスン
滞在形式 ホームステイ・4週間
(1人部屋・朝夕食付)
入学日
(2019年)
一般英語:毎週月曜日
費用 657,000円(3ヶ月(12週間))
費用に含まれるもの
手続代行料・海外送金手数料・入学金・授業料・滞在手配料・約1ヶ月(4週間)のホームステイ(1人部屋・朝夕食付)
別途必要な費用
航空券・海外旅行保険・現地出迎費(オプション)・通学費・個人的支出

◆ 6/2-8/31の滞在は、1週間あたり$30が加算されます。
◆ 上記費用は2018年8月平均の為替レートに基づいた2019年費用です。為替レートの変動に伴い、費用も変動します。
◆ 表中以外のコース、滞在、期間等についてもお気軽にお申し付け下さい。

サンディエゴ

サンディエゴは、メキシコとの国境沿いにあるカリフォルニア州第2の都市。
理想的な気候と白い砂浜に恵まれて、アメリカでも美しく安全な都市のひとつとされています。

LSI サンディエゴ Language Studies International
特徴 各国、各都市にキャンパスを持つ語学学校です。各国にネットワークがあるものの、各キャンパスは中小規模でスタッフと学生の距離が近いのが特徴です。
サンディエゴ校は、街の中心にある近代的なビル校舎内にあり、日常生活の必需品は周辺のお店で揃えることができます。 サンディエゴ動物園やガスランプ地区、バルボア公園、ビーチなどへも徒歩圏内です。
その他の
キャンパス
▶︎バークレー
▶︎ニューヨーク
▶︎ボストン
授業数 週20レッスン
滞在形式 ホームステイ・4週間
(1人部屋・朝夕食付)
入学日
(2019年)
一般英語:毎週月曜日
費用 628,000円(3ヶ月(12週間))
費用に含まれるもの
手続代行料・海外送金手数料・入学金・授業料・滞在手配料・約1ヶ月(4週間)のホームステイ(1人部屋・朝夕食付)
別途必要な費用
航空券・海外旅行保険・現地出迎費(オプション)・通学費・個人的支出

◆ 6/16-8/25とクリスマス週間のホームステイは、シーズン料金が加算されます。
◆ 上記費用は2018年8月平均の為替レートに基づいた2019年費用です。為替レートの変動に伴い、費用も変動します。
◆ 表中以外のコース、滞在、期間等についてもお気軽にお申し付け下さい。

ニューヨーク

全米最大の都市、ニューヨーク。世界の経済、文化の中心だけあって様々なイベントが盛りだくさん。
語学学校はマンハッタン内の他、郊外にもあります。

EC ニューヨーク EC New York
特徴 各国・各都市にキャンパスがある大規模校です。年間50ヶ国以上の学生が来る国際色豊かな学校でサポートが充実しています。 6ヶ月(24週間)以上の学生には、個々の学習内容や進路に応じて個別カウンセリングを行っているため、長期の留学生には特に評判です。
ニューヨーク校は、マンハッタンの中心地、ミッドタウン地区に位置します。 周辺には国際連合本部やグランド・セントラル駅、数々の有名ブランドのショップが立ち並ぶ五番街までも数分の距離で、観光も楽しめます。
その他の
キャンパス
▶︎ロサンゼルス
▶︎サンフランシスコ
▶︎サンディエゴ
▶︎ボストン
▶︎ワシントンDC
▶︎マイアミ
授業数 週20レッスン
滞在形式 ホームステイ・4週間
(1人部屋・朝夕食付)
入学日
(2019年)
一般英語:毎週月曜日
費用 764,000円(3ヶ月(12週間))
費用に含まれるもの
手続代行料・海外送金手数料・入学金・授業料・滞在手配料・約1ヶ月(4週間)のホームステイ(1人部屋・朝夕食付)
別途必要な費用
航空券・海外旅行保険・現地出迎費(オプション)・通学費・個人的支出

◆ 6/15-9/14のホームステイは、1週間あたり$35-$45が加算されます。
◆ 上記費用は2018年8月平均の為替レートに基づいた2019年費用です。為替レートの変動に伴い、費用も変動します。
◆ 表中以外のコース、滞在、期間等についてもお気軽にお申し付け下さい。
  • 実りある留学、ワーキングホリデー
    をサポートします。
  • 帰国まで迅速、丁寧に対応 TEL.052-775-0606
  • 資料請求・カウンセリング予約・お問合せはこちら

アメリカ3ヶ月
留学のQ&A

アメリカ3ヶ月留学では、学生ビザは必要ですか?
週18時間以上(レッスン数ではなく、正味の時間数)のコースを受講する際は、学生ビザが必要です。 例えば1レッスン50分の学校で、週20レッスンのコースは週1,000分(約16.7時間)のため、90日以内の滞在であれば学生ビザは不要、ESTAのみで構いません。
尚、一部の語学学校では、特例として週18時間以上のコースでも、90日以内の留学であれば学生ビザを免除してくれます。詳しくはお問い合わせ下さい。
留学の申込みは何ヶ月前までに行った方がよいですか?
学生ビザ必要としない留学であれば、2週間前のお申込でも何とかなります。しかしながら、一般的には1ヶ月以上前のお申込をお薦めします。 特に7-8月などの繁忙期に出発予定の方は、航空券が取りにくいため、さらに早いお申込をお薦めします。
一方、学生ビザを必要とする留学は、ビザ申請の準備期間を考慮すると、3ヶ月以上前のお申込をお薦めします。
上記の費用一例では1ヶ月分のホームステイしか含まれていませんが、2ヶ月目以降はどうするのでしょうか?
2ヶ月目以降は、ルームシェアなどに移動するか、そのままホームステイを延長することも可能です。 残り2ヶ月のために他の滞在に移るのは面倒なため、3ヶ月間まとめてホームステイや寮をお申込みされる方も少なくありません。
アメリカ3ヶ月留学では、生活費を除いて現地でかかる費用(お小遣い)はどれくらいでしょうか?
家賃や食費などの生活費を除き現地でかかる費用は、通学費や交際費、アクティビティなどです。 大きな買い物や旅行などをしないのであれば、1ヶ月あたり5-6万円あれば十分足りるでしょう。
渡航後はどのようにサポートしてくれるのでしょうか?
一般的にメールでやり取りさせて頂きます。例えば、ホームステイ先でトラブルが生じて変更をご希望の場合、その旨を当社にお知らせ頂ければ、現地担当者に確認いたします。 尚、アメリカの文化として、まずはご自身で担当者にご相談頂くことをお薦めします。エージェントを通じて苦情を伝えるよりも、歓迎して相談に応じてくれます。 ただ、担当者に相談しても応じてくれない、英語力に自信がないといった方は、遠慮なく当社にご連絡下さい。
また、必要に応じてLINEやスカイプでもご相談を承ります。
海外旅行保険にお金をかけたくないのですが…
まず、海外旅行保険は必須とお考え下さい。保険未加入の場合、学校によっては指定の保険に強制的に加入させられます。一方、保険がお安くないことも事実です。 3ヶ月留学の場合、クレジットカード付帯の保険をご利用頂くことも可能です。クレジットカード付帯の保険をご利用になる際は、カード会社または付帯の保険会社から保険の加入証明書(英文)をお取り寄せ下さい。
尚、クレジットカード付帯の保険は、保険金額が低い、カバーされていない項目がある、カードで購入したもののみ対象などの条件がある場合がございます。事前にご確認下さい。
Company Profile
  • ブリッジ留学サポートセンターの概要
  • ブリッジ留学サポートセンターは、"お問い合わせから帰国まで親身にサポート"を常に念頭に置いて、みなさまのお手伝いをさせて頂いています。また、みなさまのご要望や目的に合わせて、余計な付加価値を付けずに、"オーダーメイド留学"にて個別に留学プランをご提案しています。名古屋はもちろん、全国からお気軽にお問い合わせ下さい!
Q&A
To Departure
  • お問い合わせからご出発まで
  • ブリッジ留学サポートセンターでは語学学校の手続きだけではなく、格安航空券や海外旅行傷害保険・ポケットWi-Fi・各国査証手続き等、トータルでサポートしています。一方、格安航空券や海外旅行傷害保険のお申し込みだけでも構いません。お気軽にお問い合わせ下さい。
Troubles

ブリッジ留学サポートセンターの
人気留学プログラム

Popular Programs

→
←
ページ先頭へ