0

フィリピン 語学留学はブリッジ留学サポートセンターにおまかせ!

語学留学 ワーキングホリデーを格安でオーダーメイド
無料カウンセリング予約

ご相談・お問い合わせ052-775-0606

ブリッジ留学サポートセンターは、帰国まで親身にサポートをモットーに、語学留学、 ワーキングホリデー等、オーダーメイド留学を格安でご案内する留学エージェントです。
このページはフィリピン 語学留学 特集です。

留学プログラム

期間で選ぶ語学留学

国で選ぶ語学留学

ワーキングホリデー

留学手続き

留学 無料 資料請求

留学 ホーム > フィリピン 語学留学
メニュー

留学 ホーム

留学プログラム

期間で選ぶ語学留学

国で選ぶ留学

ワーキングホリデー

留学手続き

留学 無料 資料請求

留学 無料 カウンセリング

当留学センターの方針

サイトオーナーの体験談

体験談

留学 ワーキングホリデー トラブル

留学 ワーキングホリデー 質問

会社案内

個人情報の取扱い

AIU保険

手数料

契約約款

リンク

サイトマップ

無料 資料請求

留学 電話問合せ

電話問合せ

メール問合せ



ブリッジ留学サポートセンターは、内閣府認証【NPO留学協会】の正会員です。

メニュー

低予算でマンツーマンレッスン!効率的に実力アップのフィリピン留学!


※各学校の情報につきましては、こちらをご覧下さい
>>フィリピン 語学留学

フィリピンはその安さと効果的なレッスンによって、新しい留学先として注目を集めています。学費には個人レッスンが平均3時間以上含まれており、1日6〜10時間のカリキュラムです。
一方、欧米では10名以上のグループ授業で1日3〜6時間程度のめ、同一期間であれば、フィリピン留学の方がはるかに効率的です。欧米留学の前に基礎習得のための留学先としてもお薦めです。

個人レッスンで英語力アップ!
フィリピン留学の特徴は個人レッスンです。英語に対する自信と興味を呼び起こすことは英語教育の最も基本です。個人レッスンなら自分のレベルに合わせた授業が受けられ、内容も学生の希望に沿って適切なテキストで取り組む事が出来ます。外国人講師との個人レッスンは、英語に初めて接する学生や英語を体系的に勉強する学生にとっては、文法の基礎を固め、会話の自信とリズムを身につける良い機会となるでしょう。講師はなるべく学生に話す機会を設けようと努めますから、個人レッスンの授業時間の半分以上は自分が話す事ができます。スピーキング力向上には非常に有益だと言えるでしょう。
他の英語圏の国では、 10〜15名程度のクラスで1時間のうち学生1人当たりが話せる時間は2〜4分程度と言われています。話す機会がより多く与えられる事が英語を話せるようになるための近道なのは言うまでもありません。

親日家が多く親切な国民性!
フィリピン人は一般的に外国人にとても親切です。特に日本人に対しては非常に友好的です。南国特有のオープンマインドな国民性もあり、簡単に友達になる事が出来ます。欧米諸国に長期滞在していると、ほとんどのアジア人が一度は人種差別を感じると言われていますが、フィリピンではそのような事はありません。特にセブ島は日本でも広く知られた観光地で、海のきれいさと人々の親切さは多くのリピーターを生みだしています。

低物価と十分な設備!
物価の安さはフィリピン英語留学における非常に大きなメリットです。生活必需品や嗜好品も格安で、各種スポーツは勿論、ショッピング、映画鑑賞、旅行など多様な文化的生活を格安な費用で楽しむ事が出来ます。ジムは月¥2,000前後、映画も¥200程度です。さらに週末にはマリンブルーのビーチリゾートへ行く事も可能です。
設備は学校によって差があるものの、総じて生活には十分な設備となっており、中には学校の敷地内にプールを所有する学校もあります。さらに学校と寮が同じ敷地内にあることが多いため、通学の際の交通費がかからず、寮には全食事がついているため、現地の出費がほとんどかかりません!

欧米諸国との2ヶ国留学・プレ留学にも最適!
フィリピンは先進国への留学や専門過程へ進学する前の準備としてのプレ留学としても最適な環境です。さらに最近はフィリピンで基礎英語を学んでから、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへのワーキングホリデーを検討される方も増えてきています。

以下が該当する方はフィリピン留学をお薦めしません。
1. 勉強とともに観光やショッピングも楽しみたい方
2. アジアが嫌いな方
3. ホームステイ希望の方(フィリピンはすべて寮)
4. 個人レッスンが嫌いな方
5. 極度に神経質な方
6. 学校の国籍比率の偏りに抵抗がある方(日本人と韓国人の学生がほとんど)
※日本人比率10%以下の学校では、韓国人が80%以上。
7. 1日3時間程度の授業で十分な方(フィリピンは1日6時間以上)
8. ネイティブの教師にこだわる方

平日のサンプルスケジュール
7:00〜7:45 朝食
8:00〜8:50 個人レッスン:文法
9:00〜9:50 個人レッスン:スピーキング
10:00〜10:50 グループレッスン:トピックカンバーセーション
11:00〜11:50 空き時間
12:00〜13:00 昼食
13:00〜13:50 グループレッスン:ニュース番組リスニング
14:00〜14:50 個人レッスン:ボキャブラリー
15:00〜15:50 グループレッスン:発音
16:00〜16:50 個人レッスン:ライティング
17:00〜17:50 空き時間
18:00〜19:00 夕食
19:00〜 自由時間

個人レッスン


ランチ風景

自由時間にクラスメイトと


アメリカ留学とフィリピン留学の比較
アメリカ留学 フィリピン留学
 
授業
10〜16人のグループ授業
1日3〜6時間の授業(遅くとも15時頃には終了)
学生数が多いので学生が授業中に話せる時間が短い。
教師は一般的にネイティブスピーカー
マンツーマン中心の少人数の授業
一例:1日8時間の授業(個人レッスン4時間+グループ授業4時間)
ネイティブの教師が少ない
 
宿泊
ホームステイや寮などを選択
ホームステイは一般的に1人部屋、朝夕食付。寮は1〜2人部屋、朝夕食付や自炊等、物件により異なる。光熱費は滞在費に含まれる。一般的に門限はなし。
全寮制
1人〜3人部屋まで希望に合わせて選択可能。食事は週末を含め、1日3食の提供。別途光熱費が必要。門限あり。
 
留学費用一例(4週間の場合)
¥394,000(Embassy Englishサンフランシスコ校)

費用に含まれるもの:手続代行料・入学金・週28レッスンの授業料・滞在手配料・ホームステイ(1人部屋・朝夕食付)
別途必要なもの:航空券・海外旅行保険・現地出迎費(オプション)・個人的支出
¥189,000(Philinter Academy)

費用に含まれるもの:手続代行料・入学金・個人レッスンを含めた週40レッスンの授業料・現地出迎費・滞在手配料・寮(2人部屋・全食付)
別途必要なもの:航空券・海外旅行保険・個人的支出・ビザ延長費用・SSP(就学許可証)費用
ACR I-Card費用・教材費・寮の光熱費・寮の保証金(損傷なければ退去時に返金)・IDカード
 
その他
アクティビティの回数は多いが費用はフィリピンに比べれば割高。
ホームステイ等、現地の人との交流機会があるため、国際感覚を養える。
全校、日本人スタッフが常駐。
寮と学校のほぼ缶詰状態のため、外部との接触が少なく、海外ならではの経験があまりできない。
日本人と韓国人の学生がほとんど。
※日本人比率10%以下の学校では、韓国人が80%以上。

ページの先頭へ