0

ワーキングホリデー 現地サポートは必要?

語学留学 ワーキングホリデーを格安でオーダーメイド
無料カウンセリング予約

ご相談・お問い合わせ052-775-0606

ブリッジ留学サポートセンターは、帰国まで親身にサポートをモットーに、語学留学、 ワーキングホリデー等、オーダーメイド留学を格安でご案内する留学エージェントです。
このページはワーキングホリデー 現地サポートの検証です。

留学プログラム

期間で選ぶ語学留学

国で選ぶ語学留学

ワーキングホリデー

ワーキングホリデー 手続き

ワーキングホリデー 無料 資料請求

留学 ホーム > ワーキングホリデー > ワーキングホリデー 現地 サポートは必要?
メニュー

留学 ホーム

留学プログラム

期間で選ぶ語学留学

国で選ぶ留学

ワーキングホリデー

留学手続き

留学 無料 資料請求

留学 無料 カウンセリング

当留学センターの方針

サイトオーナーの体験談

体験談

留学 ワーキングホリデー トラブル

留学 ワーキングホリデー 質問

会社案内

個人情報の取扱い

AIU保険

手数料

契約約款

リンク

サイトマップ

無料 資料請求

留学 電話問合せ

電話問合せ

メール問合せ



ブリッジ留学サポートセンターは、内閣府認証【NPO留学協会】の正会員です。

メニュー

ワーキングホリデー 現地 サポート プログラムは必要?

ワーキングホリデーのサポートは語学学校でもしてくれます!

こちらもぜひご覧ください。
>>サイトオーナーの体験談
>>カナダ ワーキングホリデー お薦め 語学学校
>>オーストラリア ワーキングホリデー お薦め 語学学校
>>ニュージーランド ワーキングホリデー お薦め 語学学校
>>カナダ ワーキングホリデー サポート プログラム(バンクーバー)
>>カナダ ワーキングホリデー サポート プログラム(トロント)
>>オーストラリア ワーキングホリデー サポート プログラム
>>ニュージーランド ワーキングホリデー サポート プログラム

ワーキングホリデー サポート プログラムは、当留学センターではあえてご案内していません。渡航前に不安なのは非常に理解できます。だから筆者もワーキングホリデーで渡航した時に、ワーキングホリデー サポート プログラムに参加しました。でも本当に不要なんです。現地に行けばお分かりになります。また、現地で必要に応じてワーキングホリデー サポート会社にお申し込み頂いてからでも遅くはありません。下記内容をご覧頂くことによって、お仕事やアルバイトで一生懸命貯めたお金を無駄にしないことを祈ってます!

例:オーストラリア ワーキングホリデー サポート プログラム ¥300,000

※留学センターさんによって内容、費用ともに異なるため、ご参考までにご確認下さい。

それでは語学学校に >>通う方と >>通わない方の二つのパターンに分けて、この30万円に実際どれほどの価値があるか検証してみましょう。

語学学校に通う方

出発前に含まれているもの 実際の費用内訳
お申込み・出発前のカウンセリング
当留学センターも含めてほとんどの留学センターでは無料かと思います。
ビザ申請案内
『代行』ではなく『案内』(無料)です。したがって、『代行』を依頼される場合は別途¥10,000〜¥30,000ほどかかります。当留学センターでは¥12,960です。
ホームステイ手配料
現地では$220(約¥22,000)が相場です。
1週間のホームステイ
シドニーでは$260(約¥26,000)が相場です。
語学学校の紹介
当留学センターも含めてほとんどの留学センターでは無料かと思います。
語学学校の入学手続き
留学センターによって異なりますが、無料〜¥64,800くらいです。ここでは¥32,400とします。当留学センターでは学校や期間によって異なります。詳しくは手数料一覧をご覧下さい。また、資料送付時にお見積書に明記させて頂いています。
授業料等の送金手数料
当留学センターでは¥5,400です。
航空券の手配
当留学センターも含めてほとんどの留学センターでは無料かと思います。また、個人で手配することも可能だと思います。逆に申し上げると、手配料を取る留学センターはどうかと…
海外旅行傷害保険の手配
当留学センターも含めてほとんどの留学センターでは無料かと思います。また、個人で手配することも可能だと思います。逆に申し上げると、手配料を取る留学センターはどうかと…
青字の小計金額は…
¥85,800 です。
 
現地到着後&帰国後は
実際の費用内訳
現地空港への出迎え
現地では$140(約¥14,000)が相場です。尚、出迎えは学校のスタッフ、ホストファミリー、または学校が提携する送迎会社です。ワーキングホリデー サポート プログラムでは日本人スタッフが出迎えてくれます。
期間中の現地サポート
(24時間対応・日本語受付)
これがミソなんです!半強制的に加入が義務付けられている海外旅行傷害保険では、保険会社が24時間日本語受付のフリーダイヤルを設置しています。ワーキングホリデー サポート プログラムの参加条件として、海外旅行傷害保険への加入が義務付けられている場合は要注意です。保険会社のサポートをあたかも自社がやっているようにうたっている留学センターもあるようです。もちろん、現地オフィスがきちんと24時間体制でサポートしてくれる留学センターもあるかと思いますが、ここでは保険会社のサポートだけで十分ということで無料とします。日本からではございますが、もちろん当留学センターも帰国されるまで責任を持ってサポートします。
現地オフィスの利用
ワーキングホリデー サポート プログラムならではの特権ですが、現地に行けば多くのサポート会社があります。利用内容にもよりますが、アルバイトやアパート情報は無料なので、強引ですが無料とします。
オフィスでのインターネットやメールの利用
ワーキングホリデー サポート プログラムならではの特権ですが、ほとんどの学校では無料で利用できます。また、現地のサポート会社でも、無料であったり、有料でも15分で$1(約¥100)ほどです。利用頻度にもよりますが、学校卒業後のことも考えて$100(約¥10,000)としておきます。
銀行口座開設の方法
当留学センターではもちろん、学校でもスタッフが無料で教えてくれます。まれですが銀行まで付き添ってくれる学校もあります。
アパート探しの方法
学校のスタッフが無料で教えてくれます。
履歴書作成
当留学センターではもちろん、学校でもスタッフが無料で教えてくれます。
アルバイト探しのアドバイス
すべての学校とはいきませんが、多くの学校ではワーキングホリデーの学生を受入れる環境が整っています。特に日本人スタッフがいる学校では無料で教えてくれるハズです。ちなみに英語力がない方は、日本食レストラン等の日本人スタッフの多い環境でのアルバイトになるかと思います。3〜4社面接(もちろん日本語で)に行けば、2〜3週間後には空きが出て採用される方がほとんどです。
タックスファイルナンバーの取得
タックスファイルナンバーとは、就労するにあたって取得が義務づけられている納税者番号です。学校のスタッフが無料で教えてくれます。ちなみに筆者の通っていた学校では無料ですべてやってくれました。
帰国後の就職のお手伝い
当留学センターでは、渡航前からキャリアアップをサポートする就職支援会社と提携しています。料金は¥37,800です。詳しくは下記のページにアクセス願います。

>>留学 帰国後の就職サポート
青字の小計金額は…
¥61,800です。
実費の合計金額は
¥147,600 です。これに¥300,000をお支払いすることになります。
point現地のアルバイト収入は1ヶ月あたり7〜8万円です。つまり、差額の約15万円は約2ヶ月タダ働きすることになりますし、1ヶ月分以上の授業料に相当します!また、学校に通うことによって現地の詳しい情報を他の日本人学生から入手することもできるので、ワーキングホリデー サポート プログラムに参加する必要はまったくないと言えます。
 
ページの先頭へ


語学学校に通わない方

出発前に含まれているもの 実際の費用内訳
お申込み・出発前のカウンセリング
当留学センターも含めてほとんどの留学センターでは無料かと思います。
ビザ申請案内
『代行』ではなく『案内』(無料)です。したがって、『代行』を依頼される場合は別途¥10,000〜¥30,000ほどかかります。当留学センターでは¥12,960です。
ホームステイ手配料
現地では$220(約¥22,000)が相場です。
1週間のホームステイ
シドニーでは$260(約¥26,000)が相場です。
語学学校の紹介
学校に通わないので無料です。
語学学校の入学手続き
学校に通わないので無料です。
ホームステイの送金手数料
当留学センターでは¥5,400です。
航空券の手配
当留学センターも含めてほとんどの留学センターでは無料かと思います。また、個人で手配することも可能だと思います。逆に申し上げると、手配料を取る留学センターはどうかと…
海外旅行傷害保険の手配
当留学センターも含めてほとんどの留学センターでは無料かと思います。また、個人で手配することも可能だと思います。逆に申し上げると、手配料を取る留学センターはどうかと…
青字の小計金額は… 
¥53,400 です。 
 
現地到着後&帰国後は
実際の費用内訳
現地空港への出迎え
ワーキングホリデー サポート プログラムでは日本人スタッフが出迎えてくれます。現地では$140(約¥14,000)が相場です。

期間中の現地サポート
(24時間対応・日本語受付)
これがミソなんです!半強制的に加入が義務付けられている海外旅行傷害保険では、保険会社が24時間日本語受付のフリーダイヤルを設置しています。ワーキングホリデー サポート プログラムの参加条件として、海外旅行傷害保険への加入が義務付けられている場合は要注意です。保険会社のサポートをあたかも自社がやっているようにうたっている留学センターもあるようです。もちろん、現地オフィスがきちんと24時間体制でサポートしてくれる留学センターもあるかと思いますが、ここでは保険会社のサポートだけで十分ということで無料とします。日本からではございますが、もちろん当留学センターも帰国されるまで責任を持ってサポートします。
現地オフィスの利用
ワーキングホリデー サポート プログラムならではの特権ですが、現地に行けば多くのサポート会社があります。利用内容にもよりますが、アルバイトやアパート情報は無料なので、強引ですが無料とします。
オフィスでのインターネットやメールの利用
ワーキングホリデー サポート プログラムならではの特権ですが、現地のサポート会社でも、無料であったり、有料でも15分で$1(約¥100)ほどです。利用頻度にもよりますが、$150(約¥15,000)としておきます。
銀行口座開設の方法
渡航前に当留学センターが無料でご案内しますが、現地での詳しい状況はご説明できませんので、ワーキングホリデー サポート プログラムならではの特権です。
アパート探しの方法
渡航前に当留学センターが無料でご案内しますが、現地での詳しい状況はご説明できませんので、ワーキングホリデー サポート プログラムならではの特権です。
履歴書作成
当留学センターが無料でご説明します。
アルバイト探しのアドバイス
渡航前に当留学センターが無料でご案内しますが、現地での詳しい状況はご説明できませんので、ワーキングホリデー サポート プログラムならではの特権です。ちなみに英語力がない方は、日本食レストラン等の日本人スタッフの多い環境でのアルバイトになるかと思います。3〜4社面接(もちろん日本語です)に行けば、2〜3週間後には空きが出て採用される方がほとんどです。
タックスファイルナンバーの取得
タックスファイルナンバーとは、就労するにあたって取得が義務づけられている納税者番号です。ワーキングホリデー サポート プログラムならではの特権です。
帰国後の就職のお手伝い
当留学センターでは、渡航前からキャリアアップをサポートする就職支援会社と提携しています。料金は¥37,800です。詳しくは下記のページにアクセス願います。

>>留学 帰国後の就職サポート
青字の小計金額は…
¥66,800です。
実費の合計金額は
¥120,200 です。プログラム費用は¥300,000なので、銀行口座開設、アパート・アルバイト探し、そしてタックスファイルナンバーの取得のために、差額の約18万円をお支払いすることになります。
point現地でのアルバイトは1ヶ月あたり7〜8万円です。つまり、差額の18万円は2ヶ月以上、タダ働きすることになります。それであれば、ホームステイの手配だけお申込みして、あとは現地で様子をみてはいかがでしょうか?また、30万円お支払いする余裕があるのであれば、ワーキングホリデー サポート プログラムに参加せずに1ヶ月間学校に通われる方が良いかと思います。
 
ページの先頭へ



pointこのようにカナダ、ニュージーランド、イギリスでもほぼ同一内容です。ワーキングホリデー サポート プログラムをすべて否定するわけではありませんが、30万円も支払う価値があるのでしょうか?『不要だった』という感想ならまだマシです。『アルバイトの紹介を期待していたのに、何もしてくれない!』というトラブルに発展する方もいます。そのため、当留学センターではワーキングホリデーの方でも1ヶ月〜3ヶ月の短期留学の手配となり、あとは必要に応じて現地のサポート会社を利用されることをお薦めしています。
ただ、語学学校に通わない方など、「どうしても渡航前に必要」とおっしゃる方には、比較的手軽な費用でご案内しています。詳しくは下記のページをご確認下さい。

>>カナダ ワーキングホリデー サポート プログラム(バンクーバー)
>>カナダ ワーキングホリデー サポート プログラム(トロント)
>>オーストラリア ワーキングホリデー サポート プログラム
>>ニュージーランド ワーキングホリデー サポート プログラム

ページの先頭へ